Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/izumi002/uoagriousei.com/public_html/wp/wp-content/themes/upco-agri/functions/menu.php on line 48

MESSAGE

あなたが
応用生物科学を
学ぶことは、
私たちの未来に
つながっています

概要

応用生物科学科について

 応用生物科学科では、生物の能力を遺伝子やタンパク質、代謝産物のはたらきに基づいて明らかにし、社会に役立てることを目的とした研究・教育を行います。生体分子から細胞、そして個体レベルに至る生物機能の理解、データ科学を駆使した最先端の植物栽培や有用物質生産など、実用化を意識した学びを支える教育カリキュラムを構成しています。キャンパス内の研究農場や植物工場、さらに遺伝子組換え植物の栽培施設が利用できることも大きな特徴です。
 生物の能力の解明と利用に関わる研究、ビッグデータを扱う研究、キャンパス内の植物工場・研究農場を活用した次世代農業研究など、基礎から応用に渡る幅広い最先端研究を通して、生物に関わる多様な専門知識と高度な技術を身につけることにより、食品・化学・医薬品・環境・農業・IT分野の企業や研究機関、官公庁など広範な領域で活躍できる人材を育成します。



応用生物科学科の教員や研究の詳細については、最新のパンフレットをご覧下さい

教育概要

カリキュラムと教育方針

 応用生物科学科では、課題を発見する力、課題を解決するための知識・技術を身につけるために、体系的なカリキュラムが構成されています。1・2年次に細胞分子生物学、ゲノム生物学、生化学、遺伝学などの講義によって生命科学の基礎知識を学修します。複雑な生命現象を科学的に理解し利用するための分子生物学、分析化学などの研究手法を身につける実験に加え、生物機能の活用方法を学ぶフィールド実習も始まります。3年次には、土壌・植物栄養学、植物病理学、育種学などの講義科目によって、専門分野の知識を深めます。3年後期からは応用生物科学科の研究室に所属して、4年次には教員によるマンツーマン指導のもとで卒業研究に取り組み、大学院での研究や、実社会で活躍するための基礎を養います。

カリキュラム


講義内容

体系的なカリキュラムが構成されています

生物に関わる多様な専門知識と高度な技術を身につけることにより、食品・化学・医薬品・環境・農業・IT分野の企業や研究機関、官公庁など広範な領域で活躍できる人材を育成します。

細胞分子生物学

DNAの仕組み
を学ぶ

生命の設計図である遺伝子(DNA)やその産物であるタンパク質の働きを理解するための講義科目です。

 

遺伝学

伝えられる仕組み
と変化を学ぶ

生命の設計図である遺伝子の働きと、次世代への伝達の仕組みを理解するための講義科目です。

 

バイオインフォマティクス演習

データ解析の
手法と実践

大規模な情報処理に必要なバイオインフォマティクスの能力を身につけることを目標とする演習科目です。

 

フィールド実習

様々な栽培管理法
の実践

農学研究の基礎となる実験植物資源の育成、維持、増殖、評価を実践できるようになることを目標とする演習科目です。

 

研究概要

最先端の研究手法を駆使した生物科学研究

 応用生物科学科では、遺伝子組換え・ゲノム編集といった遺伝子改変技術や、メタボロミクス(代謝物一斉分析)・バイオイメージング・バイオインフォマティクスなどの最先端の研究手法を駆使した生物科学研究を展開します。また、中百舌鳥キャンパス内の完全人工光型植物工場や研究農場を活用し、先端的な生産技術の開発を進めます。生物の能力を解明し活用することにより、食料の生産、医薬原料・工業原料などの有用物質の発見と利用、環境保全、食の安心・安全など、持続的な社会の礎を築きます。

TOP
TOP